スマホゲーム新作ポケモンGOは大人向け?子供向け?

スマホゲーム新作ポケモンGOは大人向け?子供向け?

この記事を共有する

ようやくポケモンがスマートフォンで完全新作!「Pokemon GO」

長年任天堂のスマートフォン進出について、株主など周囲から要望が出ていましたが、とうとう2016年に完全新作「ポケモンGO」がスマートフォン向けアプリとして配信されます。

正確には任天堂ではなく株式会社ポケモンなのですが、任天堂の子会社ですし実質任天堂と言って良いでしょう。

スマホ用に完全新作ゲームを制作するにあたり、ポケモンがパートナーを組んだのは「ナイアンティック」という会社。位置情報を使った現実世界での壮大な陣取りゲーム「Ingress(イングレス)」を運営する会社です。ナイアンティックは元々Google社内の一部門でしたが、現在は独立して別会社となっています。

ポケモンGOのイメージ映像が公開されていますので、とりあえずは以下の動画を見てください。

ゲームシステムは?どのような楽しみ方が出来る?

image3005

動画を見る限りナイアンティックのIngressのようなゲームシステムに、ポケモンをうまく組み込んですごく面白そうですね。Ingressは二つの陣営に分かれますが、ポケモンGOはどのような形になるのでしょうか?

Ingressの場合は自陣のポータル(占領拠点)を、現実世界のシンボルのある個所に設置することで陣地を広げます。シンボルはお寺だったり公園だったりなんでも良いのですが、ポータル申請をして承認されないと設置できません。

ポケモンGOではポータルにポケモンを設置し、そのポータルを奪い返すためにポケモンバトルを仕掛けるような感じでしょうか?Ingressではこのポータルを奪ったり、奪い返されたりといった演出や、画面も非常にシンプルな作りとなっています。そこがサイバーな感じで良いのですが、ポケモンGOでは当然ポケモン同士のバトルがARにより現実世界で起こっているような演出がされるでしょう。

ポケモンGOは子どもが遊ぶと危険?

ポケモンのビジュアルから小学生から中学生が主なターゲットとなるでしょう。子供の頃からポケモンをプレイしている20代前半ぐらいのプレイヤーも多いですが、やはりメインは子供です。

最近は歩きスマホ中の事故が問題になっていますが、そういった事故がさらに増えるかもしれません。また海外では特にスマートフォンの盗難の問題もあります。子供が街中でスマートフォンをかざしていると、狙われる危険がありますし、その際にケガをするかもしれません。歩きスマホ対策に腕に装着して振動で知らせる「ポケモンGO Plus」も発表されましたが、結局スマートフォンを取り出して確認しないといけないので、多少の軽減にはなるものの根本的な解決にはなってないです。

またゲーム内イベント発生などで普段は行かないような場所へ、子供だけで行ってしまうことも心配です。

image3004

コンセプト動画のARによるポケモンバトルや、街中にミュウツーが登場して撃破するイベントなどゲームとして面白そうなだけに、安全対策だけはしっかりしたゲームデザインにしてほしいです。

それにしても任天堂が自社ハード以外に新作を発売するなんて、少し前には考えられませんでした。任天堂の今後の活躍には期待したいですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事