iPhone 6s発表されたが発表内容から心配事が多数あり!

iPhone 6s発表されたが発表内容から心配事が多数あり!

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

iPhone 6sは概ね事前予想通りだったが買いかどうか判断が難しい

とうとうiPhone 6sが発表されました。

2015年9月12日から予約開始、9月25日に発売となります。すでにニュースサイトでは情報がたくさん出回っていますし、Apple日本の公式サイトにもiPhone 6sページが公開され詳しいスペックなど確認できます。

詳しくは公式サイトを見てもらうとして、ここではiPhone 6からの変更点を軽くおさらい。

  • メインチップが最新のA9プロセッサに、補助チップコプロセッサのM9はA9プロセッサに組込み
  • ディスプレイにタッチする強さを感知する「3D Touch」を搭載
  • 外装に最高強度7000シリーズアルミを使用、外装の構造も見直し強度アップ
  • 厚さは0.2mm増加し少し分厚くなり、重量14g増加の143g
  • カメラ強化12メガピクセルの写真と4K動画撮影対応
  • 通信速度下り最大300Mbps対応
  • 新色ローズゴールド追加

こんな感じだと思いますが、漏れている可能性大。。。

もちろんiOS 9になることで様々な機能追加がありますが、ハードウェア面での変更点はこのぐらいでしょう。

image2997

外観が前モデルiPhone 6とほぼ同じなのは覚悟していましたが、まさかカメラ部の出っ張りまでそのままとは思いませんでした。最近発売されているAndroidスマートフォンなどは、1000万画素クラスのカメラでも出っ張りは無いですし、iPhone 6sは厚さが0.2mm増しているため、カメラの出っ張りは無くなると思っていたので残念です。

iPhone 6sの発表会で分からなかった心配事

Appleの発表会では毎度のことですが、テクノロジー関連の情報はあまり公開されません。発表会では語られなかった部分について心配になります。

SoC「A9チップ」の性能と消費電力、発熱

image2994

iPhone 6sに搭載されるのは新プロセッサ「A9チップ」。発表会ではCPUが70%、GPUが90%高速化と説明されていましたが、公式サイトの表現を見るとiPhone 6に比べての話しではなさそうです。いくらなんでもそんなに高速化するわけないとは思っていましたが。

image2996

A9チップが2コアなのか4コアなのか、動作周波数が何Hzなのか分かりませんが、最近はチップを微細化してもそれほど消費電力が下がらない傾向にありますので、A9チップが高性能な分、発熱等が大丈夫かちょっと心配です。今までのiPhoneを見ていると、そういった問題は無いとは思いますが。。

バッテリー駆動時間が心配

iPhoneは少ない容量のバッテリーでも長時間駆動します。バッテリー容量に関して製品が発売されるまで未確定ですが、恐らくiPhone 6の1810mAhから少し減って6sは1715mAhになりそうです。

5%ほど容量が減ってしまいました。

恐らく3Dタッチ搭載と3Dタッチ動作を振動でフィードバックする「Taptic Engine」で本体内の空間が減ってしまったのでしょう。iPhone 6sはパワフルなメインチップに3Dタッチによる振動など、バッテリーを消費しそうな機能が多いので、てっきりバッテリー容量は増えると思っていただけに意外でした。

iOS 9は省電力機能が新たに搭載されているので、それで相殺されるかもしれませんが、OSによる省電力機能は未使用時の電力を抑えるものがほとんどで使用中はそれほど変わらないはずです。iPhone 6sで最も心配な点はバッテリーの持ちかもしれません。

14g増のズッシリ感が心配

iPhone 6は同サイズのAndroidスマホと持ち比べた時、凄く軽く感じます。5インチ近いサイズのスマートフォンは150g近い重量が多いのですが、iPhone6が129gと非常に軽いです。iPhone 6sでは残念ながら143gとなり、実際持ってみないとなんとも言えませんが、たかが14gとはいえズッシリくるかもしれません。特にスマートフォンを長時間使用する場合、この差がジワジワ効いてくる可能性大です。

iPhone 6sを買うか、型落ちiPhone 6を買うか

iPhone 6sはApple最新のスマホとして相応しい機能を備えています。iPhone 6sを買うか、型落ちiPhone 6を買うか悩んでいる方も多いとおもいますが、上に書いたような心配事がクリアされているか確認してから決めるのが賢い選択かもしれません。

iPhone 6も少し安くなって並行して販売されるようですし(ゴールドは販売終了)、今使っているスマホが壊れて急いでいる方以外は両方の実物を見比べて決めたいですね。

個人的には3D映像バリバリのゲームをプレイしない、使うのは通話とメールとLINEなどSNS程度という方は、iPhone 6を安く購入する方が良さそうです。iPhone6の方が軽くてバッテリーも持ちそうなので、パワーユーザーでなければ実用性は高そうです。

なにはともあれ25日のiPhone 6s発売日が楽しみですね。

amazonでiPhone6白ロム-ad