日本版PS Nowテストを早速試してみたので感想

日本版PS Nowテストを早速試してみたので感想

この記事を共有する

PlayStation Now正式サービス前のテストプレイを試してみました

先日PlayStation Now(PS Now)のテストプレイヤー募集案内が来ていたので応募したところ、当選しましたので試してみた感想を少し。

ちなみにテストプレイ募集に関しては以下の関連記事をご覧ください。

【関連記事】「PlayStation Now」間もなく日本でもサービス開始!価格はどうなる?

PS Nowはストリーミングゲームサービスです。PS Nowのゲームは手元にあるゲーム機ではなく、インターネット上のサーバーで動作し、サーバー上で動作するゲーム映像をインターネットを介して各ユーザーまで届けます。

これにより各ソフトをダウンロードしインストールすることなく、サーバーにアクセスするだけでゲームプレイが可能です。

PS Nowテストプレイを早速試す

PS Now起動中は動画のシェアや、スクリーンショットの撮影が出来ません。正式サービス後もそうなのか、テストプレイ期間中だけなのかは不明ですが、ゲームプレイ中のスクリーンショットや動画の掲載は控えます。

PS4とPSVitaでのテストが可能でした、PS Nowをインストールするとメニューに追加されます。

image2941

起動するとPS Nowでプレイ可能なタイトル一覧が表示されます。テスト期間中はプレイ開始から4時間レンタルでの購入が可能でした。テスト中はすべて無料。4時間経過したら再度購入してプレイ出来ます。

image2942

一度レンタルするとメニューにゲームタイトルが追加され、以降はゲームタイトルから直接起動出来ます。もちろんトロフィーにも対応しています。

image2943

PS4ではICOとアンチャーテッドが不明なエラーで起動しませんでした。PSVitaでは無事起動。原因は不明ですが同時ログインしている人が多かったのかもしれません。

PSNowはPS4、PSVitaともにタイムラグは感じない、消費電力も低め

本当にインターネットからのストリーミング映像でプレイしているの?と思うぐらい快適です。先日以下の記事でスクエニのストリーミングゲームサービス「DIVE IN」を試した時にも驚きましたが、PSNowはプレイ中にブロックノイズが発生することもなく、家にあるゲーム上で起動しているのと大差ありません。

【関連記事】スクエニのクラウドゲーム「DIVE IN」に驚いた!スマホでFF13も快適にプレイ

映像は720Pで配信されており非常にキレイなのですが、さすがにほんのり輪郭がボヤけたような映像になります。

ちなみにPS Nowでゲームプレイ中のPS4消費電力は90W前後で、Huluなどで動画視聴している時と同等の消費電力です。PS4はゲームプレイ中は120W前後まで上がりますのでPS Nowの方が消費電力は低めです。PS Nowサーバーと家のPS4と両方で電力消費するので、トータルで見るとエコではないです。。

※初期型PS4で計測。室温によるファンの回転などで消費電力は変わりますので参考値としてください。

操作面では、とにかくコントローラーの入力に対するレスポンスがかなり良いです。シビアなプレイが求められる格闘ゲームでなければ多くの人は満足するのではないでしょうか?

PS Now日本では海外以上にサービスの充実に期待

現在海外ではサービス中のPS Nowですが、PS3のゲームをレンタルして遊ぶだけではなく、自分の手持ちのアーカイブスタイトルをPSNowを通じてプレイ出来るサービスも用意して欲しいです。

PS4には現在下位互換がないので、PSNowで擬似的な下位互換を実現してくれると嬉しいです。

どのような価格帯で登場するか分かりませんが、技術的な面は充分クリアしているPS Nowの正式サービスが楽しみです。

【関連記事】PS4値下げで日本から在庫が消える可能性

【関連記事】「PlayStation Now」(PSNow)ストリーミングゲームのその先

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事