薄さ5.9mmの「Galaxy A8」SIMフリー版はワイ・モバイルが最適

薄さ5.9mmの「Galaxy A8」SIMフリー版はワイ・モバイルが最適

この記事を共有する

薄くて大画面なスマホ「Galaxy A8」SIMフリー版が販売開始

薄さ5.9mmで5.7インチ大画面のスマートフォン「Galaxy A8」のSIMフリー版がモバイルショップ「Expansys」などで販売開始されました。価格は6万円程度です。

Galaxy A8のスペック

image2913

 Galaxy A8iPhone6 Plus
本体サイズ76.8×158.0×5.977.8×158.1×7.1
CPUオクタコア
Snapdragon615
デュアルコア
A8プロセッサ
本体RAM2GB1GB
重量151g172g
ディスプレイ5.7インチ有機EL
解像度1920×1080
5.5インチ液晶
解像度1920×1080
カメラ16メガピクセル8メガピクセル
バッテリー容量3050mAh2915mAh
外部メモリMicroSD無し
対応バンド4G: FDD LTE: (B1)2100/(B3)1800/(B7)2600/(B8)900
TD LTE: (B38)2600/(B39)1900/(B40)2300/(B41)2500 MHz

比較にiPhone 6 Plusのスペックも併記しました。

iPhone 6 Plusよりも画面サイズが大きいのですが、本体サイズと薄さや重さがGalaxy A8の方がコンパクトなのは驚きです。ベゼル(画面枠)の幅が小さいので、本体の横幅いっぱいまでディスプレイというデザインのおかげです。

全体的に無難なデザインですが、外装はメタル素材で高級感があります。指紋認証も付いているのでセキュリティ面でも安心です。ディスプレイはサムスンお得意の有機ELで、ゴリラガラス4によりキズが付きにくくなっています。

image2912

本体スペックからミドルクラス(中級機)の位置づけですが、最近のハイエンド機は使用時に本体が熱くなるものが多いので、スペックを抑えた中級機の方が実用性は高い気がします。ミドルクラスと言っても一昔前のハイエンドクラスの性能があります。

Galaxy A8の対応バンドから最適なのはワイ・モバイル

以下が日本国内の主要キャリアの対応バンドです。MVNOの格安SIMを利用する場合も以下のバンドを参考にしてください。

キャリア4G LTE3G
NTTドコモFD-LTE バンド 1,3,19,21,28(2015年順次開始)WCDMA バンド 1,6,9,19
auFD-LTE バンド 1,11,18,26,28(2015年順次開始)
TD-LTE バンド 41(Wimax2+))
CDMAなので割愛
Y!モバイルFD-LTE バンド 1,3,8)
TD-LTE バンド 41(AXGP))
WCDMA バンド 1,8

対応バンドからワイ・モバイルが最適と思われます。プラチナバンドであるLTEバンド9、速度が出やすいバンド41のAXGPも恐らく使えると思われます。今後登場するであろうソフトバンクモバイルのネットワークを利用した、MVNO格安SIMでも同様のバンドが使えるので、そちらもおススメです。

対応バンドで少し注意が必要なのが、TDD LTEの対応バンド、Expansysやその他サイトでもバンド41対応と書かれていますが、サムスンの公式サイトではバンド40しか記載されていません。どちらが正しいのか不明です。

またプラチナバンドは使えませんが、NTTドコモ系のMVNOでも問題なく使えるのではないでしょうか?さすがに山奥に行くと厳しいでしょうが、普段の生活圏内では普通に使えそうです。

今後登場するGalaxyNote 5やiPhone 6s Plusとどれにするか?

5インチ中盤から後半の大型ディスプレイスマホは、近々登場のGalaxyNote5やiPhone 6s Plusが控えており、Galaxy A8を今買うのが得策か微妙な時期です。急がない方は情報が出揃うのをすこし待った方が良いかもしれません。

とはいえハイエンドクラスのGalaxyNote5やiPhone 6s PlusのSIMフリー版は10万円超え確実でしょうから、Galaxy A8はスペックと価格のバランスのとれたなかなか良いスマホだと思います。

【関連記事】Snapdragonって何?スマホ購入時必見!CPUの種類について

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事