VRヘッドセットで仮想空間ブーム再来?こんな機能が欲しい

VRヘッドセットで仮想空間ブーム再来?こんな機能が欲しい

この記事を共有する

セカンドライフやPSホームは早すぎた?再び仮想空間ブーム来るかも

2016年春に相次いで発売されるVRヘッドセット

VRヘッドセットが2016年春以降に相次いで登場し、ゲーム業界だけではなく様々な業界を巻き込んで盛り上がりそうです。

と書いてみたものの発売後まったくの無風のままブームが去る可能性もあり、世間の反応が予想しづらい製品でもあるなあと感じています。

VRヘッドセットでこれから来る新たなブームや、インターネット端末として主流のスマートフォンにVRヘッドセットが取って替わる可能性について考えてみます。

VRヘッドセットは頭に装着して利用するヘッドマウントディスプレイです。頭の動きに併せて目の前の映像も動くので、固定されたディスプレイに映された映像よりも没入感が高く、特にゲーム分野に関しては新たな体験を提供できるということで期待されています。

開発中のVRヘッドセットの中で有力視されているのが、PS4を母艦とするソニー「Projectモーフィアス」とPCを母艦とする「Oculus Rift」です。どちらも単体では動作せず母艦となる機器が必要ですが、すでに世界で2000万台以上売っているPS4があれば、簡単に利用可能なソニーが一歩リードでしょうか?「Oculus Rift」は母艦となるPCの必要スペックが高めなのがネックです。

【関連記事】コレは厳しい!Oculus RiftのPC要求スペックが高すぎる

上記リンク先をご覧いただければ分かりますが、ゲーミングノートPCとして販売されているノートPCでも恐らくOculus Riftは利用出来ないはずです。Oculusを購入予定の方は必要以上のスペックのハイエンドデスクトップPCを購入しましょう。

VRヘッドセットで仮想空間ブームは再来する?

image2875

仮想空間セカンドライフやPSホームはご存じだと思いますが、セカンドライフは開始時はかなり話題になったものの、現在は細々と運営されている状況です。PSホームは残念ながら先日終了しました。現状純粋な仮想空間で成功しているサービスはありません。

しかし、VRヘッドセットが登場すれば次世代の仮想空間サービスが生まれるかもしれません。新たな仮想空間サービスでこうなって欲しいなという点やこれは止めて欲しいと思うことがいくつかあります。

アバターでリアルに再現した街を走り回るのは勘弁

image2876

過去に登場した仮想空間サービスはどれもリアルな3DCGで創られた町並みを、好みに作成したアバターで走り回るというものでした。リアルな街から帰ってきて、仮想空間に入ってもバタバタと走り回るのは正直面倒です。最初の頃は走り回るのも楽しいのですが、慣れてくると面倒になります。私だけかなあ?

もっと目的を素早く達成できる優れたユーザーインターフェースを突き詰めて欲しいです。特にVRヘッドセットならディスプレイサイズという制約から解放される訳ですから、いままでになかったような新たな操作系に期待したいところ。

VRヘッドセットの仮想空間に様々なサービスやメディアを内包して欲しい

VRヘッドセットを利用した仮想空間サービスでは、その中で様々なサービスやメディアが利用できるようになってほしいです。スマートフォンの通知がきたらヘッドセットを脱いで確認が必要だったり、インターネットを利用するのに仮想空間からWEBブラウザに画面が切り替わったりすると、結局VRヘッドセットを装着する手間が面倒で利用しなくなります。仮想空間内でスマートフォンと同様の内容が確認出来たり、WEBブラウザーもそのまま確認出来る。その他テレビや動画サービスなどもそのまま利用でき、フレンドと一緒に視聴したり出来ればスマートフォンよりも魅力的なものになりそうです。

VRヘッドセット最大の問題は文字入力

音声でのやりとりが楽に出来るようになってきたものの、まだまだ文字情報が便利です。とくに情報量が多いときは音声だと収集がつきません。VRヘッドセットは目の前がおおわれていますから、ブラインドタッチが出来る人でもキーボードでの入力は難しそうです。VRヘッドセット装着時の操作は、両手で握って動かすタイプのコントローラーが主流になりそうですが、コントローラーでは文字入力は出来そうにありません。

VRヘッドセットを装着したまま、キーボートと同じように快適に文字入力が出来る方法を発明すれば、重宝されそうですね。

VRヘッドセットはスマートフォンの次を担えるか?

VRヘッドセットによる仮想空間サービスについて、いろいろ書きましたが、従来のリアルな街を走り回って「なんか未来感があってスゲー」的なものではなく、現実世界で利用するインターネットをより快適に便利に使うアイテムとして期待しています。

ところでVRヘッドセットは世の中にどれほど浸透するでしょうか?

インターネットが一般家庭でも使われるようになって約20年、スマートフォンは登場からたった7年で恐ろしいほど普及しています。インターネットが生活に欠かせない道具となり、そのインターネットをどこでも快適に利用できる機器スマートフォンが普及するのは必然です。

VRヘッドセットはゲーム機の周辺機器的な位置づけで開発されていますが、それ以上の可能性を見出しているのか、たくさんの企業が開発競争に参加しています。VRヘッドセットはスマートフォンの次のデバイスとなれるのでしょうか?

スマートフォンは家でも外でもどこでも手軽に使えることから、VRヘッドセットが完全に取って替わることなどありえないと思いますが、家に居る多くの時間をVRヘッドセットが奪うことは充分ありうることです。

2016年春に登場する新しいデバイス「VRヘッドセット」楽しみです。あとは価格がどうなるかだけが心配です。。。そんなに高くなければ良いですね。

【関連記事】VRヘッドセットの一般普及に必要なものとは何か?

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事