忘れないうちにAppleMusicの契約自動更新を停止する

忘れないうちにAppleMusicの契約自動更新を停止する

この記事を共有する

AppleMusicは無料期間を過ぎると自動で有料会員へ

AppleMusicを試しに利用して継続するか悩んでいる人は自動更新は切っておきましょう

定額で聴き放題のAppleMusicは利用開始から3か月無料ということもあり、とりあえず試しに利用した方も多いと思います。使ってみたものの曲数がまだ少なかったり、配信曲が好みのラインナップではなかったりで、継続しようか悩んでいる方もおられるのではないでしょうか?

そういう方はとりあえず自動更新をOFFにしておきましょう。AppleMusicは3か月の無料期間終了後、有料会員へ自動継続する設定になっていますので、忘れてそのまま放置していると使っていなくても月額料金が課金されます。

AppleMusicの会員継続自動更新をOFFにする

やり方は簡単なのでサクッと設定しましょう。ちなみに以下の設定は2015年7月25日現在のiOS8.4のiPadでの操作画面です。iPhoneでも画面はほぼ同じです。

まずAppleMusicアプリ内の画面左上の人の顔型アイコンをタップ。

image

中央に表示された以下の設定画面で自分のアカウント名の右にある矢印をタップ。

image

次に表示されるアカウント画面内の購読下にある管理をタップ。

image

AppleMusicメンバーシップが表示されるので、自動更新のスライドボタンをスライドしてOFF側へ。

image

下のような確認画面が表示されるので、オフにするを選択。

image

以上で設定完了です。1分もあれば設定できますので、うっかり自動更新を止め忘れて月額課金されてから気付くということもなく安心です。

AppleMusicは便利なのですが、手持ちの音楽ライブラリをクラウドへ登録する際にトラブルがあったりと、まだちょっと安定していない感じがします。曲数もまだまだ少ないので今後サービスの充実に期待したいところです。

【関連記事】やっぱり定額制は怖い「Music Unlimited」終了!ソニーのブランド戦略

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事