PS4購入のチャンス!amazonプライムデーに注目だがちょっと不安

PS4購入のチャンス!amazonプライムデーに注目だがちょっと不安

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

2015年7月15日amazon最大のセールプライムデーでPS4を購入しよう

amazon最大のセール「プライムデー」が2015年7月15日に1日限定で行われます。広告も多数出ているので気になっている方も多いのではないでしょうか?

そんなamazonプライムデーでPS4がセール対象になることが告知されています。

image2840

ちなみにセールされるのは、PlayStation4(CUH-1100) グレイシャーホワイトです。6月に発売された新型CUH-1200ではありませんので、新型が欲しい方は注意してください。残念ながら価格は未公表。

PS4の新旧の違いは、外観ではHDDカバー部分が光沢から非光沢になり、電源やディスク取り出しボタンが物理ボタンに変更されています。ボタン類が物理ボタンになったのは誤動作防止目的でしょうか?中身はBDユニットが簡素化、メモリチップ枚数が4GB×16枚から8GB×8枚と減少し省電力とコストダウン効果。電源や制御チップ類の配置や数、モデルが変わったりはしていますが、基本的に中身は同じです。

スペック変更は軽量化と省電力化で、暑い室内でゲームを遊んでいると旧型はファンが大きな音で回りましたが、新型はかなり静かなようです。しかしユーザーレビューなどでファンは回らなくなったが、本体がかなり熱くなるという方もおられます。

旧型とはいえamazon最大のセールというぐらいですから、PS4購入を検討していた人は要チェックですね。

amazonプライムデーは楽しみだが、心配な点が。。

amazonプライムデーに参加するには年間3980円のプライム会員であることが条件です。プライム会員になっても一定期間(30日間)は無料です。一部セール対象商品が公開されていますが、価格帯などの情報は非公開です。

2015年7月15日はamazonプライムデーの話題でネット上が賑わいそうですが、いくつか心配な点があります。

購入数量制限あり?転売目的購入者対策は?

最も心配な点はこれです。先ほど紹介したPS4がもし29,800円で販売されたとしても、数量が「限定50台」だったりしたらほとんどの人は買えません。転売目的の買い占めへの対策が施されていないと、せっかくのセールなのに評判を落とすことになりそうです。

せめて1ユーザー1点までなどの購入数量制限や、超人気商品は抽選販売なども検討して欲しいところ。

プライム会員をよく理解せず会員になってしまうトラブルの心配

amazonプライムデー最大の目的はプライム会員を増やすことなのは明白ですが、プライム会員が有料制だと理解せずに会員になってしまう人が年会費の支払時点で気付くケースが発生しそうです。また無料期間終了後に自動的に有料会員に移行することに気付かない方も多そうです。

もし、セール参加目的で一時的にプライム会員になる方は、セール終了後プライム会員の解約手続きを忘れないようにしましょう。

大丈夫だと思うが、アクセス集中によるセール会場に接続出来ない恐れ

amazonに関しては恐らく心配はなさそうですが、amazonの想定をさらに超えるアクセスがあった場合、一時的にセール会場に接続しにくい状況になるかもしれません。その間に目的の商品が売り切れる可能性あります。

amazonプライムデーに関しては現時点で詳細が不明ですが、当日の販売方法によってはユーザーの不満が続出する可能性があります。世界的に実施されるamazonプライムデーでプライム会員を増やしたいのは分かりますが、ユーザーが快適に買い物を出来るような販売方法で実施して欲しいですね。

いろいろ心配事を書きましたが、PS4に関しては今後大作ソフトも続々登場しますし、来年にはVRヘッドセット「プロジェクトモーフィアス」による新たな体験も出来ます。そろそろPS4買い時ですよ。

【関連記事】ヨドバシの通販がamazonを超えるために足りないもの