少し厚くiPhone 6sの設計図面から分かる確定情報

少し厚くiPhone 6sの設計図面から分かる確定情報

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

engadgetさんに新型iPhone 6sと思われる図面が掲載

2015年9月に発売がウワサされている、新型iPhone 6sの図面がengadgetさんに掲載されています。興味がある方は以下のサイトで確認してみてください。

独自:『iPhone 6s』の図面を入手。厚さは6.9mm→7.1mmに増加? – Engadget Japanese

この図面から分かるiPhone 6sの確定事項

以下の記事はあくまでengadgetさんに掲載された図面が正式なものであることが前提ですので注意願います。

先日以下のように新型iPhone 6sがどのような機能を備えるか予想した記事を書きましたが、図面により確定したことがいくつかあります。

【関連記事】新しいiPhone 6sのスペックなど7大予想+α

端末の厚さが6.9mm→7.1mm

image2832

少し厚くなることについては図面を掲載しているengadgetさんにも書かれていますが、現行より0.2mm厚くなります。操作に押す強さが加わる、感圧タッチ「フォースタッチ」機能を搭載したためではないか?と予想されています。あとバッテリー容量を増やすことと、端末自体の強度を増す役割もありそうです。

7.1mmといえばiPhone 6 Plusと同じ厚さですので、パッと見それほど違わないでしょうね。

Lightningコネクタ継続

上の予想記事で、新しいMAC Bookにも採用されたUSB-Cコネクタが採用されるのでは?と書きましたが、図面を見る限りLightningコネクタを継続するようです。USB-C採用で急速充電が可能になることを期待していたので少し残念。

欧州では独自仕様のLightningコネクタに批判的な意見が多いようですし、USB-Cに切り替えてくると思ったんですけど。次のiPhone 7でデザイン変更も含めてコネクタ変更が行われるかもしれませんね。

カメラは1レンズ仕様で画素数強化

上の予想記事でデュアルレンズによる、後からピント変更が可能になるのでは?と書きましたが、従来通り1レンズ仕様です。他のスマートフォン同様に画素数の強化に留まるようです。カメラのセンサーに最新のRGBWセンサーを採用するというウワサもあります。照明が少ない室内でも今まで以上にキレイに撮影出来ます。

カメラ部分の出っ張りは無くなりそうです。昨年iPhone 6が発表された際、気になった部分でもありますので、6sでは背面がフラットになっているでしょう。

ホームボタンは従来通りの機能/場所

image2833

ホームボタンと液晶画面が一体になるんじゃないか?といったウワサもありましたが、現行のiPhone6と同じ場所にホームボタンがあります。指紋認証の機能が強化され、認証に要する時間が短くなるというウワサです。まあ妥当な進化ですね。

とりあえず外観図面から分かることは以上です。正直これなら現行のiPhone 6でいいかな?という気がしないでもないですが、後は中身がどうなるかですね。

ちょっと心配なのは、iPhone 6sにウワサ通り感圧タッチが採用された場合、新しい操作方法を生かそうとするあまり、従来のiPhoneから大幅に操作体系が変わってしまうことで、これまでiPhoneを利用していた人にとって使いづらくなるのではないかというです。Appleは新しいものを取り入れるときに過去のものを大胆に切り捨てる時がありますので、今回の感圧タッチ採用でどう変わるのか注目ですね。

究極の選択?安くなったiPhone6か新型iPhone6s/7どちらを買う