6月下旬発売の新型PS4は中身がどうなってるのか気になる

6月下旬発売の新型PS4は中身がどうなってるのか気になる

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

E3で発表しなかったのはスペックが現行とほぼ変わらないから?

2015年6月下旬発売!新型PS4は低消費電力と軽量化

正直「いきなりキタな!」という感想の新型PS4(CUH-1200)。2015年6月下旬に価格は据え置きで発売です。主な変更点は以下の通り。

  • 消費電力は従来比8%省電力の最大230W
  • 質量は10%軽量化
  • HDDカバーが光沢がある加工から、全体シボ加工に

他はスペック変わらずなので、変更点からマイナーチェンジ版という印象です。

詳細が明かされていないAPU仕様など中身が気になる

image2510

以前新型PS4を予想する記事を書いたのですが、その中にメインプロセッサであるAPUの微細化と、メインメモリチップ数減による省電力化を予想しました。またセカンダリチップの能力強化による、スタンバイ中のダウンロード時の消費電力減も予想しました。

これらについては新型PS4で実現されているのか不明です。発売後消費電力の確認や、分解レポートを待つしかありません。

スペック上の消費電力減が8%に留まっているので、恐らくチップ類はそのままで、他の部分で工夫したのだと思いますがどうでしょうか?いずれにしても発売後の続報に期待しましょう。

これから購入予定の人は嬉しいことだが、今回の新型PS4発売タイミングはちょっと意地悪

米国で先日行われたE3 2015では、この新型PS4について一切情報はありませんでした。スペックが大幅に上がる訳ではない、マイナーチェンジなのでE3ではあえて発表を避けたのかもしれません。しかし、E3でなんの情報も無かったことで、しばらく新型PS4の発売は無いなと安心して現行型を購入した人も多くいたはずです。

E3後に安心して現行型を買う人に在庫処分をさせて、新型を売り出そうと考えたと勘ぐられてもしょうがないぐらい、ちょっと意地悪なタイミングでの発売だと感じました。

この2週間ぐらいの間に現行型PS4買ってしまった方はちょっとカワイそうです。もう少しなんとかならなかったのかなあ。。。

【関連記事】今年出る?新型PS4はどんな感じになるのか予想する。