新しいiPhone 6sのスペックなど7大予想+α

新しいiPhone 6sのスペックなど7大予想+α

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

2015年9月下旬登場のウワサ次期iPhoneを予想

先日発表iOS9の機能も踏まえ新しいiPhone 6s/7を予想

この時期になると新型iPhoneのウワサがいろいろ出てきます。しかし、毎年今ぐらいの時期に出てくるウワサ、特にデザインに関してはあまり信憑性が無いため、まだまだどのような姿になるかは誰も分かりません。

発売時期に関しては2015年9月25日発売という情報が有力ですが、これも正直どうなるか微妙です。

名前に関しても「iPhone 6s」、「iPhone 7」、さらにMacBook風に「新しいiPhone」と3パターンの予想が出ています。通常なら6sが妥当な線ですが、今回は大幅な機能アップがあるとウワサされており、7や新しいiPhoneといった予想が出ているのでしょう。

先日発表されたiOS9の新機能も踏まえ、次期iPhoneがどうなるのか?独自に予想してみました。

新しいiPhone予想1:フォースタッチ搭載

image2785

まずは確度の高そうなものから。液晶タッチパネルにはフォースタッチが搭載、これは確実にくるはずです。フォースタッチとは先日発売されたAppleWatchや新しいMacBookのタッチパッドに搭載された新機能です。パネルのタッチする場所に加え、押す強さを感知します。軽くタッチすると起動、強くタッチするとドラッグといった操作が可能になります。

新しいiPhone予想2:本体RAM(メモリ)は2GB

Androidスマートフォンでは本体RAMが3GBや4GBが当たり前ですが、現行iPhone6は本体RAMが1GBです。少ないメモリでも快適に動作するのは、本体とOSをAppleが一貫して開発しているからです。

とはいえ、リッチアプリが増えている現状では、そろそろ1GBでは心許ない感じです。さらに先日発表されたiOS9では2つのアプリを同時起動して、画面分割表示させるマルチウィンドウがサポートされます。先日の発表会では、マルチウィンドウ機能が使えるのはiPad Air2のみとされています。このマルチウィンドウをサポートするために、次期iPhoneも本体RAMを2GB搭載するでしょう。

新しいiPhone予想3:メインチップは4コア(クアッドコア)止まり

現行のiPhone6のメインチップA8は64ビットの2コア(デュアルコア)です。iPhone6発売当時、すでにAndroidスマホは4コア搭載が始まっていました。スペック的にちょっと遅れている感はありましたが、先ほどの本体RAMのところでも書いたとおり、Appleにとっては実パフォーマンスを上げることが重要で、個々の部品のスペックは重視していないのでしょう。

そう考えると、メインチップは4コア止まりと予想出来ます。もしくはiPad Air2に搭載しているA8Xの改良版で3コアも考えられますね。

Androidスマホの主流はすでに8コア(オクタコア)ですから、メインチップについては世代遅れになりますが、現在のモバイル向け8コアチップはどれも発熱問題に苦しんでいます。発熱を抑えるためにフルスペック動作できなければ本末転倒ですから、部品単位のスペックよりも製品全体のスペックをよく確認する必要がありますね。

新しいiPhone予想4:後からピント合わせのデュアルレンズカメラ搭載

image2782

デュアルレンズカメラ搭載によるカメラ機能強化。このウワサも結構出回っています。デュアルレンズカメラの特徴は後からピントを変えられることです。人物を撮った後で、背景をぼかして一眼レフカメラで撮ったようにしたり、奥の人物にピントが合っている状態から、手前の人物にピントを合わせてみたり、カメラの楽しみ方が広がります。

スマートフォンのレンズサイズで画素数を増やし続けるには無理があります。センサーが高性能になったといっても、小さなレンズで取り込める光量には限度があります。2つのレンズを搭載することで、個々のレンズの画素数は増やさず、より高画質な写真撮影が可能です。

新しいiPhone予想5:ハイレゾ音源再生は非対応

ハイレゾというキーワードがかなり浸透してきましたが、普及しているか?と問われればまだまだな感じです。主たる原因はiPhoneがハイレゾ非対応なことでしょう。

Appleは先日、有料音楽配信サービス「AppleMusic」を発表しました。これまでのiTunesストアとは違い、毎月10ドル程度支払えば、配信される音楽が聴き放題というサービスです。日本でも最近たて続けに音楽聴き放題サービスがスタートしました。これから定額の音楽聴き放題サービス競争が始まります。

Appleは次期iPhone発売でAppleMusicに勢いをつけたいはず。そういったことから、Appleの音楽配信サービスでは扱っていないハイレゾ音源再生機能は、次期iPhoneにも搭載されないはずです。

実は現行iPhone6発売時にも、使われている部品からハイレゾ音源の再生をサポートするのでは?とのウワサがありました。しかし、現在もハイレゾ再生機能がオフにされているのは、Appleはあえてハイレゾ非対応としているのではないでしょうか。

新しいiPhone予想6:USB-Cコネクタ搭載で急速充電

image2784

次期iPhoneは現行のLightningコネクタを廃し、USB-Cコネクタを搭載するのではないでしょうか。先日の新しいMacBookに搭載されたUSB-Cは、規格化の段階でAppleも参加し、かなり力を入れていたようです。

USB-Cは表裏どちらでも刺せるコネクタと、USB3.1なら急速充電も可能です。スマートフォンのバッテリー容量を増やすのは、本体の薄型化が進む中難しい問題です。容量を増やせない代わりに、「急速充電により10分の充電で3時間使える」という方向に向かうのではないでしょうか。

ただしこれをやると、今まで買いそろえた周辺機器が無駄になるという、歴代iPhoneユーザーには辛い変更になります。

新しいiPhone予想7:画面サイズは4.7インチ、解像度はフルHD止まり

image2786

スマートフォン最新機種は画面解像度フルHD以上が常識となりつつありますが、現行iPhone6はフルHD以下の解像度です。

5.5インチ画面のiPhone6 PlusがフルHD(1080×1920)ですが、その解像度が4.7インチバージョンにも適用されるのではないでしょうか。過度な高解像度化はマシンパワーが必要になりますし、また様々な解像度が存在するとアプリ開発やメンテも複雑になります。

しかし、そうなると5.5インチのPlusは解像度をさらに上げることになりますが、先ほどのアプリ開発の面で、それは無いんじゃないかという気もします。次期iPhoneは現行と同じ解像度のままなのかもしれません。現行iPhone6やPlusの画面でも充分キレイだと思うので、それでも良いと思いますがどうでしょうか?

新しいiPhone妄想1:タッチID廃止で虹彩認証搭載!?

image2783

ここからは予想から妄想にかわります。iPhoneといえば指紋によるタッチIDです。それまではスマホの指紋認証といえば富士通でしたが、すっかりその地位をAppleに奪われました。頑張れ富士通。

ということで次期iPhoneでは富士通が力をいれている虹彩認証が採用されるのではないでしょうか?虹彩認証とは目の虹彩を読み取って認証するもので、先日発売された富士通製スマホに世界初搭載されました。もし次期iPhoneに搭載されれば「虹彩認証といえばiPhone」と、またまたその地位を奪われるかも。

Appleは指紋認証タッチIDを搭載しつつも、重要な場面では4桁のキー番号認証を求めます。Apple自体が指紋認証タッチIDによる認証に、絶対の信頼をおいていないのではないでしょうか?完全に指紋認証に任せるのは心配だと。。。

先日発売された虹彩認証スマホは認証精度や、認証時間ともにかなりの完成度です。恐らく指紋認証よりも安全性も数段上でしょう。次期iPhoneでは搭載されないかもしれませんが、何世代かのうちに搭載されることは間違いないかと。その時は富士通製のモジュールが採用されれば良いですね。ただし富士通側に不利な契約書にサインさせられそうですけど。。

新しいiPhone妄想2:ホームボタン廃止、画面を強く押すとホーム画面へ

先ほどの虹彩認証の妄想の続きになりますが、タッチIDから虹彩認証にかわれば、ホームボタンの必要性が激減します。そこで先ほどのフォースタッチの出番。画面の下のあたりを強く押すとホームボタンと同様の操作になれば、物理ボタンは不要です。

物理ボタンを廃することで、本体前面がほぼ液晶画面というデザインも可能ですね。

難点は誤動作が多そうな点でしょうか。。。パズドラプレイ中の重要な場面で、ドロップ持つ手に力が入って、ホーム画面へ移動とか悲惨ですね。。

いかがだったでしょうか?新しいiPhone予想7+妄想2

最近のAppleの発表を見ていると、みんなをアッっと驚かせるようなものより、無難な製品やサービスが多い印象です。次期iPhoneには期待したいところですが、恐らく無難な進化に留まり、名前も通常通り「iPhone 6s」となるのではないでしょうか?

ここのところスマートフォンも大量に発売され、どれが良いか迷ってしまいますが、そういった状況ほど無難に使えるiPhoneがより優位となりそうです。

やはりOSとスマホ本体の一体開発による、全体の完成度と実スペックの高さ、またiOSアプリに関してはストア評価が高いものは、ほぼ快適に動作するので利用者も安心です。Androidの場合はアプリが不安定な時に、アプリが悪いのかスマホ本体が悪いのかの判断が難しく、アプリを正しく評価することが困難です。

iPhoneはAndroidほど先鋭的な機能が無いという点で、ちょっとつまらないと言えますが、多くの方が安心して使えるiPhoneを支持していることが、現在のiPhone人気につながっているのでしょう。9月の新しいiPhone 6s/7の発売が待ち遠しいですね。

【関連記事】iOS 9の画面分割でiPad Air2はスマホゲー最強端末に?