携帯電話・格安スマホ業界を一枚の図に整理してみた

携帯電話・格安スマホ業界を一枚の図に整理してみた

この記事を共有する

SIMロック解除開始されるも180日後なのは何故?

携帯電話(スマホ)業界の問題点とは?

2015年5月より大手携帯電話キャリアである、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは揃ってSIMロック解除を原則全機種で展開すると発表しました。ユーザーはSIMロック解除を申し込むことで、日本国内で使用しているスマートフォンなどを海外に持っていき、現地のSIMを装着することで通信が可能になります。

国内利用においてもスマートフォンの対応バンドさえ問題なければ、どのキャリアのSIMでも通信が可能となります。

利便性が高まることは良いことですが、気になる点は3社とも購入から180日経過しないとSIMロック解除が出来ないということです。どのキャリアも「悪用を避けるため」と説明されています。現在のスマホ業界の仕組みを確認することで、どのように悪用される恐れがあるのか、また他にもスマホ業界が抱える様々な問題点について整理してみました。

携帯電話(スマホ)業界を簡単に1枚の図にまとめてみました

1枚に入りきる範囲で簡単に携帯電話(スマホ)業界をまとめてみました。各項目を繋ぐ矢印の太さは料金の大小を表しています。図をクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

図解!携帯電話とMVNO業界について

※1 スマホの高級・高価格路線

image2599

日本では特にiPhone6が売れており、iPhoneがスマートフォンのスタンダードとなっています。iPhoneは普通に購入すると10万円前後する端末です。ふんだんにコストをかけた外観は高級感があり、他社が対抗するには同様に高級路線で戦うしかありません。

後ほど※2でも説明しますが、日本の大手携帯キャリアの売り方は、スマートフォンの実質価格がユーザーからは分かりにくい構造となっており、端末メーカーが努力して価格を下げる意味がないことも、必要以上に高級・高価格路線に走る原因でしょう。

そうなるとMVNOのように端末と回線を別々に、安く販売する方式は不利になります。

※2 携帯電話キャリア販売店によるMNPキャッシュバックや一括0円販売

日本でiPhoneのシェアが異常に高い原因はここにありそうです。他社からの乗換MNPへの手厚いキャッシュバックや、一括0円でのスマホ販売です。特にiPhoneはどのキャリアも割引率が高めで、新型発売時には下取りや実質負担0円など他社スマホよりも負担が少なく入手出来ます。

こういったキャリアのさじ加減で端末の販売価格に優劣が出る為、先ほど※1で説明したようにスマホ価格を下げる努力が無駄なのです。

大手キャリアで契約すると、実質0円や一括0円で、一見お得に最新スマホが手に入る錯覚に陥りますが、実際は通信料金の裏側にスマホ端末料金が隠れているだけです。スマホ料金が組み込まれた割高な通信料金を払っているのです。

※3 一括0円で入手した端末が白ロムショップへ

MVNOの格安SIMを利用する時の、スマホをお得に入手する方法に白ロムがあります。新品やキレイな中古がお手軽価格で入手できる白ロムの仕入れ元は、MNPで一括0円で入手した端末を白ロムショップに売って現金化したもの。またはキャリアの販売店が契約数を稼ぐ為に契約したことにした端末が白ロムとして流れているというウワサも聞きます。いろんな経路で仕入れた端末をお手頃な価格で販売しています。

日本のスマホ業界の妙な構造から生まれた商売といえるでしょう。

※4 入手した端末をそのまま海外へ転売

日本の携帯電話キャリアのショップは、世界一スマホを安く手に入れられる場所かもしれません。日本で入手したスマホをSIMフリー化すれば、海外でも普通に売れます。キャリア側も対策はしているでしょうが、不正行為はなくならないでしょう。

SIMロック解除可能時期が購入から180日後なのは何故?

不正防止のため、SIMロック解除はスマートフォン入手後180日以降なのは、上記の問題点から※3と※4が関係しそうです。契約後即SIMフリー化され転売される恐れがあります。特に海外への転売、なかなか防ぎようがなさそうです。

こういった不正入手されるスマホ端末代までも、現契約者が支払う通信料金に含まれるのです。

ソフトバンクの副社長も先日「一括0円をやった僕らがバカなんですよ」と発表会でおっしゃってました。回線料金にスマホ料金を含ませる販売方法はスマホ購入のハードルは下がりましたが、そろそろ見直していかないといけない時期だと思います。

【関連記事】Snapdragonって何?スマホ購入時必見!CPUの種類について | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事