「honor6 Plus」は良い感じだが、対応バンドから「Zenfone2」がおススメ

「honor6 Plus」は良い感じだが、対応バンドから「Zenfone2」がおススメ

この記事を共有する

楽天とHuaweiのタッグ新スマホ「honor6 Plus」独占販売

Huaweiの新スマ-トフォン「honor6 Plus」を楽天市場に開設する「Vモール」で販売します。発売日は6月中旬、価格は45,800円(税別)です。

SIMフリーですので、MVNOの格安SIMを使って通信が可能です。

Huawei「honor6 Plus」の特徴

image2696

デザインはパッと見で先日発表されたHuaweiのハイエンドスマホ「P8」っぽいなと思いました。P8よりは厚みのある7.5mmですが、バッテリーが3600mAhと大容量ですので、2日間は普通に使えそうです。

またカメラ機能が特徴的で、レンズを2個搭載することでより高画質撮影が可能です。また撮影後のフォーカスの調整が可能で、一眼レフで撮るような背景をぼかした写真も可能です。

image2697

メインチップも高性能なオクタコアプロセッサですし、メインメモリは3GBとスペックは充分です。

ライバルZenfone2とhonor6 Plusスペック比較

image2699

honor6 Plusと価格帯も大体同じの、ASUS「Zenfone2」とスペック比較してみましょう。

 honor6 PlusZenFone2
(ZE551ML)
サイズ(mm)
高さ×幅×奥行
150×75.7×7.5152.5×77.2×10,9
重量165g170g
画面5.5インチ IPS液晶5.5インチ IPS液晶
解像度1920×1080(フルHD)1920×1080(フルHD)
カメラメイン:800万画素×2
サブ:800万画素
メイン:1300万画素
サブ:500万画素
CPUKirin 925
A15/1.8GHz、A7/1.3GHz 8コア
Atom Z3580
2.3GHz 4コア
メインメモリ3Gバイト4Gバイト LPDDR3
外部メモリMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大64GB)
バッテリー容量3600mAh3000mAh
ストレージメモリ32Gバイト32Gバイト
対応LTEバンドFDD:;バンド1,3,7
TDD:バンド38,39,40
FDD:バンド1,2,3,4,5,6,,8,9,18,19,28
OSAndroid4.4Android5.0
SIMタイプDual Micro SIMDual Micro SIM

びっくりするぐらいスペックが横並びです。違いは先ほど紹介したhonor6 Plusの特徴的機能の部分です。バッテリー容量が多いのはhonor6が魅力的。Zenfone2はスペックでは厚さ10mm超えてますが、背面がラウンドしていますので、持ちやすさはこちらが上だと思います。

image2700

とはいえスマートフォンは快適に通信出来ることが第一条件です。そういう面ではZenfone2の方がおススメです。逆に楽天ストアで独占販売までする気合の入れようの「honor6 Plus」の対応バンドが中途半端な印象です。

以下は日本国内の格安SIMが利用可能なドコモ、au、ワイモバイル各社の対応バンド表です。

キャリア4G LTE3G
NTTドコモFD-LTE バンド 1,3,19,21,28(2015年順次開始)WCDMA バンド 1,6,9,19
auFD-LTE バンド 1,11,18,26,28(2015年順次開始)
TD-LTE バンド 41(Wimax2+))
CDMAなので割愛
Y!モバイルFD-LTE バンド 1,3,8)
TD-LTE バンド 41(AXGP))
WCDMA バンド 1,8

Zenfone2はプラチナバンド8,18,19が使えますが、honor6 Plusはどれも使えません。さらにZenfone2はバンド28(700MHz帯)にも対応しています。今後700Mhz帯が整備されれば、より快適に利用出来そうです。

通信の面でhonor6 Plusが勝るところは、TDD-LTEのバンド41に対応しているところでしょうか。実際使えるか分かりませんが、UQWiMAX2+とAXGPのバンドですので、au系MVNOやワイモバイルでは速度面で有利かもしれません。実際に繋がるかどうかは試してみる必要があります。

※発表当初TDD-LTEのバンド41対応となっていましたが、2015年5月29日の仕様変更でバンド41非対応と発表されました。

Huawei「honor6 Plus」とAsus「Zenfone2」のスペックを比較してみましたが、やはり通信出来る対応バンドの幅広さから個人的にZenfone2がおススメです。とはいえスペック的にそれほど差はないですし、デザインの好みは人それぞれですので、好きな方を使えば良いかなと言えるほどどちらも良い端末だと思います。

【結論】好きな方を使いましょう。(あたりまえか)

【関連記事】SIMフリースマホZenFone2の日本版をEXPANSYS取扱い開始 | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事