コレは厳しい!Oculus RiftのPC要求スペックが高すぎる

コレは厳しい!Oculus RiftのPC要求スペックが高すぎる

この記事を共有する

ハイエンドPC限定?VRヘッドセット「Oculus Rift」

image2685

2016年上半期に登場すると言われている、VRヘッドセット「Oculus Rift」の製品版を使用する為のPCの要求スペックが判明しました。上の写真は新たに公開された「Oculus Rift」製品版のイメージ。

  • グラフィックボードGTX970またはR9 290以上
  • CPU Core i5-4590以上
  • メモリー 8GB以上
  • OS Windows7 SP1以上
  • HDMI1.3 USB3.0×2

Oculus Riftはハードウェアを問わず接続して利用できることが強みでしたが、製品版発売当初はWindowsのみの対応になります。

要求スペックで一番のネックはグラフィックボード

上の要求スペック一覧で一番厳しいのがグラフィックボードです。2016年春頃には少し価格も下がっているとは思いますが、現在安いものでも4万円台前半です(探せば3万円台あるかな?)。ハイエンドPCゲーマーぐらいしか、このレベルのグラフィックボードを使っている人はいないでしょう。

2160×1200ピクセル解像度で90ヘルツ描画を行うには、高性能なPCが必要なのです。高い解像度とフレームレートはVRヘッドセット着用時の3D酔い軽減に役立ちます。同じく2016年春発売予定のソニー「Project Morpheus」が1920×1080の120fpsですから、Oculusはこれ以上スペックを落とすわけにはいきません。

VRヘッドセット開発競争は「Project Morpheus」一歩リード?

image2423

今回のOculus Riftの要求スペックを見て、PS4を持っていれば使える、ソニー「Project Morpheus」がVRヘッドセット対決一歩リードかなあ。という印象です。

VRヘッドセットの開発が各社盛んに行われています。とくにOculus RiftとProject Morpheusはかなり前から開発を続けています。開発競争により良い製品が生まれることは喜ばしいのですが、お互いどんどんスペックアップすることで価格が上がりすぎたり、一般層が使いづらいマニアックな製品となっては普及せずに消えてしまいます。

Oculus Riftは様々なPCと接続が可能な一方、PCとの相性や性能不足により、うまく動作しなかったりOculusの性能を発揮出来ないという問題が起こるでしょう。PS4だけに的を絞って開発しているProject Morpheusの方が、発売後の問題は少なそうです。

スマートフォンの世界もそうですが、ハードとソフトを一体で開発しているアップルの方が安心感が高いように、VRヘッドセットも映像を再生する機器から出力するVRヘッドセットまで、一体で開発しているソニーの方が安心感が高そうですね。

【関連記事】PS4「Project Morpheus」機能向上で価格アップしないか心配 | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事