3DS「ファイアーエムブレムif」の売り方が秀逸すぎる

3DS「ファイアーエムブレムif」の売り方が秀逸すぎる

この記事を共有する

各バージョンを比べればSPECIAL EDITIONの一択かな?

3DS「ファイアーエムブレムif」は「白夜王国」と「暗夜王国」の2シナリオ

image2531image2532

任天堂の人気シミュレーションRPG新作「ファイアーエムブレムif」が2015年6月25日に発売されます。新作は「白夜王国」と「暗夜王国」の2つのシナリオでゲームが進みます。6章までは同一シナリオで、7章以降独自のシナリオで進行します。

3DS「ファイアーエムブレムif」の各パッケージ構成

  • 「ファイアーエムブレムif 白夜王国」 4,700円(税別)
  • 「ファイアーエムブレムif 暗夜王国」 4,700円(税別)
  • 「ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION」 9,250円(税別)

image2529

上記のような構成となっており、SPECIAL EDITIONは白夜王国と暗夜王国の各パッケージに加え、後日配信予定のどちらの王国にも属さない第3のシナリオのDLも可能です。さらに限定特典の「特製アートブック」「TCGファイアーエムブレム 0の限定カード」が付いて来ます。別々に購入すると各パッケージ4,700円×2と第3のシナリオが2,000円で、11,400円になりますからSPECIAL EDITIONがお得になります。

※追記 投稿後に気付きましたがもう一方のシナリオも2,000円で追加DL出来ます。

ファイアーエムブレムifの売り方が秀逸

image2530

ファイアーエムブレムifもポケモン同様2バージョン構成となったことは残念です。実質9,250円(税別)が正規価格だと言ってもいいでしょう。

このパッケージ構成だから許される税込1万円超の価格

3DSソフトで1万円を超える価格だと「高過ぎる!」という意見が大半だと思います。また白夜王国と暗夜王国を1パッケージで、7,900円(税別)だとしても「ちょっと高いかな?」と感覚的に思いますが、白夜王国と暗夜王国さらに第3のシナリオ有料DLCとパッケージを分けて、それら全てをセットにした「SPECIAL EDITION」とすることで「お得だからSPECIAL EDITIONにしよ」と思ってしまうところが不思議です。

現に各店舗「ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION」の予約が速攻完売し、追加予約が発表されたようです。

ファイアーエムブレムifは行動経済学をうまく活用してる

海外で行われたある行動経済学の実験では、ニュースのWEB版を59ドル、紙版を125ドル、紙+WEB版も125ドル、という3種類としたところ、紙+WEB版125ドルを選択した方が8割を超えました。今度はWEB版59ドル、紙+WEB版125ドルの2種類にすると、今度はWEB版59ドルを選択する方が半数を超え最も多くなりました。

間に紙版125ドルという「おとり」となる選択肢があるだけで、最も高い「紙+WEB版」がお得に見えるということでしょう。ファイアーエムブレムifについても上記の実験のように、「高いけどSPECIAL EDITIONがお得」に見えるような構成に感じます。

「SPECIAL EDITION」の予約数の少なさから、任天堂が狙ってこういうバージョン構成にしたのか不明ですが、1万円以上する「ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION」に予約が集中していることから、ユーザーはこのバージョンがお得だと感じているのだと思います。

ユーザーからするとポケモン商法は勘弁してくれと言いたいところですが、セットでお得な(お得に見える!?)バージョンがあるだけでもマシですね。後は購入したい方が正規価格で購入できるよう、しっかり数を用意して欲しいですね。

【関連記事】Wii U大作RPG「ゼノブレイドクロス」はフィールド走るだけで楽しそう | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事