引きこもらず急増中「Ingress」日本語版登場でスマホで陣取りゲームがますます人気に

引きこもらず急増中「Ingress」日本語版登場でスマホで陣取りゲームがますます人気に

この記事を共有する

世界中で人気のIngress(イングレス)が日本語対応完了

Googleの人気スマホゲーム「Ingress(イングレス)」の日本語対応でプレイヤー増加間違いなし

GoogleのNiantic Labsがリリースしているスマホ向けゲームアプリ「Ingress(イングレス)」が、アップデートにより日本語対応しました。2013年11月にスタートしたIngressですが、2014年夏頃にiOSアプリが配信され、英語版にもかかわらず日本でもIngressプレイヤーが急増しました。その人気アプリIngressの日本語対応ですから、今後さらにIngressプレイヤーが増加しそうです。

Ingressってどんなゲーム?

以下の公式の説明と初心者向けビデオが分かりやすいです。

イングレスは、現実世界を、世界をまたにかけた謎と陰謀と競争の世界へと変化させます。
私達の未来は危機に瀕しています。あなたは、どちらの側につくか選ばなくてはなりません。

ある神秘的なエネルギーがヨーロッパの科学者チームにより発見されました。その力の起源や目的は未知ですが、研究者の中には、この力が我々の思考に影響を及ぼしていると考えている者もいます。我々はそれをコントロールしなければなりません。さもなければ、それは我々をコントロールするでしょう。

「エンライテンド(覚醒者)」は、このエネルギーが我々に与えるものを受け入れようとしています。
「レジスタンス(抵抗勢力)」は、人類に残されたものを守り、保護するために戦っています。

イングレスをインストールして、世界を変えてください。

イングレスをインストールしたアンドロイドデバイスを持って、現実の世界を動きまわり、この謎のエネルギーを見つけてください。探求を助けるアイテムを取得し、領土を占領するために装置を配置し、エンライテンド、レジスタンス、それぞれの理念のために他のプレイヤーと協力してください。

Ingressが人気の理由は、なんといっても攻略するには実際にその場所へ行く必要があることです。レベルを上げて自分の陣営を優位な状況に導くには、現実世界で行動する必要があるのです。

日本はIngressのDL数が世界第2位!各地でイベントも開催

Ingress日本語対応の背景には、日本はIngressのダウンロード数が世界第2位であることと、日本各地で開催されるIngress関連イベントなど、Ingress熱の盛り上がりへの対応です。

各地で開催される公式イベントや自治体主催イベント

日本各地ではIngress公式イベントや観光誘致目的などで、自治体主催のIngressイベントなども数多く行われています。本日2015年3月28日(土)も京都で「Shonin」という公式イベントが開催されます。

以前の公式イベントではグアム、北海道、中国の大三角形を作り、日本全土が緑色に染まるという出来事が起こりました。今回の京都「Shonin」では何が起こるのでしょうか?

巧妙すぎて大草原不可避 「Ingress」イベントに合わせて日本が緑に沈められる – ねとらぼ

MVNO格安SIMでIngressを始める人はSMS認証があるので注意

Ingressは不正防止のためSMS認証が必要です。SMS認証が無いとペナルティを受けて出来ることがかなり制限されます。特にMVNOの格安SIMを利用している方は、SMSが利用可能なSIMを契約しましょう。

今後さらに自治体イベントや公式イベントも増えるでしょうし、Ingressツアーなども楽しそうですね。乗り遅れないうちにIngress始めてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事