USB Type-C(USB-C)がスタンダードになりそう、各種コネクタと比較

USB Type-C(USB-C)がスタンダードになりそう、各種コネクタと比較

この記事を共有する

新Mac BookやChromebookが続々採用USB3.1 Type-C

Appleの新Mac BookにはUSB Type-C(USB-C)とイヤホンジャックのみ

image2458

2015年3月9日(米国時間)のAppleイベントで発表された、12インチRetinaディスプレイ搭載の新型「Mac Book」。厚さ13.1mmに重さが920gという超薄型ノートブックです。

image2457

私が驚いたのがコネクタ類で、イヤホンジャック以外にはUSB3.1 Type-Cコネクタ(USB-C)のみという潔さ。残念ながら新Mac Bookに搭載されるUSB-Cコネクタは最大5Gbps伝送までですが、ノートPCには十分すぎるスペックでしょう。新Mac Bookをこの薄さに出来たのはUSB-Cを採用したおかげと言えそうです。

Googleの新Chromebook PixelにもUSB-C採用

GoogleのChromeOSを採用したノートPC「Chromebook Pixel」にもUSB Type-Cが2ポート搭載されます。以下は製品紹介動画。

USB3.1 Type-C(USB-C)と現在主流の各種コネクタをスペック比較

USB3.1 Type-C(USB-C)がどれほど優秀なのか、主流の各種コネクタとスペック比較してみました。以下の表は小さな画面で見た場合は水平スクロールします。

 USB3.1
Type-Cコネクタ
LightningHDMI2.0Thunderbolt2
image2456image2454image2453image2455
代表的な機器Macbook(2015)iPhone64KテレビMac PRO
転送速度10Gbps約5Gbps18Gbps20Gbps
電力供給最大100W
(20V/5A)
最大4.5W
(5V/900mA)
無し最大10W
映像伝送HDMIや
DisplayPort変換
による4K出力
HDMI変換による
720p/1080p出力
4K/60p出力HDMI変換や
DisplayPort
による4K出力
コネクタサイズ
(mm)
8.3×2.56.5×1.314×4.46.7×4.6
リバーシブル接続不可不可

比較して分かるUSB-Cの優位性

上記の表で比較した結果、USB-Cの優位性が良く分かります。iPhone6などで採用されているApple独自規格の「Lightning」については、詳しい仕様が不明です。USB3.0に準拠するという情報を元にUSB3.0の仕様を記入しました。ですので若干違っている可能性があります。

コネクタの大きさではLightningが一番すぐれていますが、データ伝送速度や電力供給の面ではUSB-Cが圧倒的です。特に今回ノートPCに採用された大きな理由は電力供給能力の高さでしょう。さらにリバーシブル仕様のため、表裏どちらでも差し込めるのはユーザビリティが高くて良いです。

AppleのMACに採用している「Thunderbolt2」は、データ転送速度はピカイチですが、電力供給能力の低さとコネクタが少し分厚いことが弱点でしょうか?

USB3.1 Type-C(USB-C)は2015年以降のスタンダードになること間違いなし

USB-Cは規格策定段階で、Appleも積極的に参加していたことと、欧州においてApple独自規格からmicroUSBへの対応を義務化される背景もあり、USB規格への変更を進めているのでしょう。

今後はmicroUSBよりも、リバーシブルで高性能なUSB-Cをスマートフォンやタブレットにも採用する動きが出てくるでしょう。周辺機器の兼ね合いもあり、さすがに次期iPhoneはLightningでしょうが、その次はUSB-Cに全て統一もあり得るかもしれません。

今後はウェアラブルの普及などで急速充電のニーズも高まるでしょうし、電力供給能力の高いUSB-Cはスタンダードになること間違いないと思います。

【関連記事】4K動画提供は光・衛星・ブルーレイなど本命はどれ? | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事