厚さ4.85mm「oppo R5」超薄スマホのゴールドカラー販売中

厚さ4.85mm「oppo R5」超薄スマホのゴールドカラー販売中

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

昨年末に発売された超薄型スマホ「oppo R5」のゴールドモデル販売開始

最近中国メーカーのスマートフォンが元気です。以前は公然とiPhoneのデザインだけ真似して、中身はイマイチな印象でした。しかし、最近は中身も凄い製品が多く、2強のアップルやサムスンを中国メーカーが急激に追い上げています。

image2439

そんな中、注目度の高い製品が登場しました。「oppo R5」は厚さ4.85mmと驚異的な薄さです。性能もミドルクラスの性能を備えており、全く不満は無さそうです。その「oppo R5」にゴールドモデルが追加され、直販サイトで販売中です。日本からでも購入出来そうです。

超薄型スマホ「oppo R5」のスペック

image2440

超薄型スマホ「oppo R5」の仕様は以下の通り。

 oppo R5スペック
サイズ(mm)
高さ×幅×奥行
148.9×74.5×4.85
重量155g
画面表面:5.2インチ 有機EL
解像度表面:1920×1080(フルHD)
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
CPUsnapdragon 615
1.5GHz 8コア
メインメモリ2Gバイト
通信対応バンドGSM850/900/1800/1900
WCDMA850/900/1900/2100
FDD-LTE B1/3/7
TD-LTE B40
バッテリー容量2000mAh
ストレージメモリ16Gバイト
SIMタイプMicro SIM

メインチップはミドルクラススマホ用のSnapdragon 615を採用。通信バンドを見てみるとLTEの対応バンドが少ないのが残念です。oppo R5に関しては発売前、もっと対応バンドが多いと言われてた時期があったのですが、現在公式サイトを見ると上記のバンド数です。

以下は現在国内のMVNO格安SIMで利用できるネットワークの対応バンド表です。

キャリア4G LTE3G
NTTドコモFD-LTE バンド 1,3,19,21,28(2015年順次開始)WCDMA バンド 1,6,9,19
auFD-LTE バンド 1,11,18,26,28(2015年順次開始)
TD-LTE バンド 41(Wimax2+))
CDMAなので割愛
Y!モバイルFD-LTE バンド 1,3,8)
TD-LTE バンド 41(AXGP))
WCDMA バンド 1,8

見比べてみますと、国内ではLTEのバンド1,3が使えます。利用するならNTTドコモかYモバイルのネットワークが無難そうです。いずれにしてもプラチナバンドが使えないのは、ちょっと残念です。

薄けりゃいいってものでもないですが、友達にちょっとした自慢が出来るかもしれませんよ。

oopo R5ゴールド直販サイト

【関連記事】Snapdragonって何?スマホ購入時必見!CPUの種類について | More-interest.GAME