Apple Payなど電子マネーが増えると必ず起こる問題

Apple Payなど電子マネーが増えると必ず起こる問題

この記事を共有する

FinTechで日本の決済市場に海外組が参入で起こる問題

サムスンペイ発表。アップルペイ、グーグルウォレット、LINE Pay、各種おサイフケータイと増え続けるとどうなる?

日本では数年前から「おサイフケータイ」機能が普及しており、レジでスマートフォン決済をすることは一般的です。しかし、クレジットカード社会であるアメリカは、意外にもモバイル決済がまったく普及していません。そんな中最近ApplePayがジワジワ普及してきています。

対抗するGoogleや小売業界もモバイル決済に力を入れてくるでしょう。さらに韓国サムスンもサムスンペイを発表しました。スマートウォッチやスマートフォンのNFC機能を使った方式が用いられています。

日本で普及している楽天EdyやQuickPayはFeliCa(フェリカ)と呼ばれる、日本独自の方式です。世界的な標準であるNFC-A/B方式を利用する海外組が日本に参入してくるのも時間の問題でしょう。

モバイル決済で海外組が日本に参入するのも時間の問題だがしかし。。。

すでに多数の決済サービスが存在する日本。このままさらにモバイル決済参入が続けば、間違いなく以下の画像のような事態が起こるはずw

モバイル決済に生じる問題

ボタン多すぎて探すのたいへん店員さん乙。。。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事